修行のすすめ   TOPに戻る
 全国 " 滝行" 行脚 / 経過報告 高野山 真言宗
野呂山 知足庵

     只今、<全国 修行の滝 八十八選>の旅へ遊行中。


この修行は、平成19年4月8日〜"独鈷の滝"(兵庫県丹波市)からスタートしました。 (下記の表は、2011/05/07現在)


『全国の滝の中から、“修行の出来る滝”を88ヶ所選んで報告をしようと思います』


 ※当初は、108選を目標にスタートしましたが、現在は88選としています。
 
  (アクセスが良く、いつでも、誰でも、安全に入滝可能な滝は、それほど多くないのが現実です)


●これまで、本州・四国・九州を、ほぼ行脚しました。(平成22年10月現在)

 下記の”滝修行アルバム”は、和尚に同行し全国のほんの一部を写真で報告いたします。
 


     
アルバム 九州編 2007 (平成19年9月16日〜18日)
    
     アルバム 中部編 2008 (平成20年9月13日〜15日)

 
        アルバム 東北編 2009 (平成21年10月9日〜12日)


        アルバム 関東編 2010 (平成22年7月16日〜19日)




    ■ 
同行しました、奥田さんの修行ブログです。   ブログを見る






●下記のリスト(一覧)は、
  これまでに修行させて頂いた滝の一部で、最終選考の滝ではありません。


●最終選考は、
  1、誰でも滝行が可能で
  (基本的に、子供・女性からお年寄りまで安全に入滝修行が出来る)
  2、アクセスが良い  (滝まで歩く山道・駐車場・道路事情・宿等)
  という基準で、全国の滝を二百ヶ所程度行脚し
  その中から、
  入滝の状況・滝までの徒歩時間・駐車場・アクセス等をまとめた後に決定する予定です。
  
 
●<お願い>
   入滝出来る滝の情報などありましたら、お教え下さい。(国内外を問いません)
   又、下記の一覧でお気付の点等がございましたら御一報下さい。(誤字・住所違い等)
   宜しくお願い申し上げます。
   メール info@takigyo.jp





       一人旅で何事が起こるか予想も出来ませんが、

       「 行者が、行中に死ぬほど名誉な事はない 」と、

       肝に銘じ、修行して参ります。


                                            
                        感謝




 
滝を大切守っている村(周辺地域)は

豊かに栄え、

滝をなおざりにしている村(周辺地域)は

寂しく衰退している・・・



そんな気がするのは私だけでしょうか?



                

 修 行 の 滝   一 覧   (2011/05/7 :現在の、経過報告です)
注意:平成の大合併により、下記の場所(住所)が変わっている可能性がありますのでご注意ください。(新住所のメールを頂ければ幸いです)
no 滝 名 場 所 備      考
独鈷の滝 兵庫県 丹波市 この滝から、全国滝修行を始める
2 行者の滝 大阪府 泉佐野市 七宝滝寺の境内にある
3 桃尾の滝 奈良県 天理市 天理市の近くにある信仰の滝
4 不動滝 和歌山県 田辺市 景勝地、奇絶峡を代表する滝
5 陰陽の滝 和歌山県 那智勝浦町 那智48滝の一つ
6 白髪の滝 岡山県 津山市 長生きの祈りの滝
7 古屋不動滝 岡山県 真庭市 湯原温泉の近くにある
8 山乗不動滝 宮本武蔵が修行したと言われている
9 岩尾の滝 山口県 柳井市 光明寺の境内にある
10 徳仙の滝 山口県 下関市 石造の祠もあり、信仰の滝
11 不動滝 鳥取県 青谷町 御滝山の霊場の中心
12 湯原滝 神秘的な滝
13 不動滝 鳥取県 湯梨町 厄除けの滝
14 白猪の滝 愛媛県 東温市 子規や漱石も訪れた
15 龍顔の滝 徳島県 三好市 側に金剛の滝がある
16 龍王の滝 高知県 大豊町 瀧王神社境内にありお大師様も修行されたと言われる
17 本尊の滝 高知県 高知市 ダイナミックな神宮の滝
18 空也の滝 京都府 清滝町 空也聖人が修行された
19 不動滝 石川県 中能登町 白山の開祖 泰澄大師が開かれた
20 白糸の不動滝 兵庫県 宍栗町 国道29号線近く、近くの温泉有り
21 白滝 三重県 いなべ市 「養老の裏滝」の異名あり
22 不破の滝 岐阜県 垂井町 芸能人や野球選手が訪れる
23 一切経の滝 長崎県 雲仙市 雲仙の開祖 行基が仏道修行された
24 清水の滝 佐賀県 小城市 清水観音宝地院の境内にある
25 御手洗の滝 佐賀県 鳥栖市 大日如来の洞窟がある
26 東椎屋の滝 大分県 安心院市 落差85mの観音信仰の滝
27 福貴野の滝 龍泉寺の滝の別名
28 鼓ヶ滝 富山県 小矢部市 洞窟の中に五体の仏様が彫られている
29 大岩不動滝 富山県 中新川郡 日石寺(真言宗)内にある滝。上段6・下段8 /さらに下段に1本(入滝可) 
30 常虹の滝 富山県富山市 政治家の高見之通が、虹のかかった滝を見て命名
31 川倉不動滝 富山県富山市 落差は(8m)小さいが、入りやすい滝初心者向け
32 善根の不動滝 新潟県椎崎市 滝壺周辺には数多くの不動明王の像がある。柏戸関が寄進した赤不動尊が祀られている
33 不動滝 新潟県湯沢町 湯沢温泉近くにある、修行の滝周辺には数多くの不動明王の像がある。
34 平川不動滝 群馬県利根村 不動明王も祭ってあり信仰の滝で有名
35 棚下の不動滝 群馬県赤木村 滝の裏が大きくえぐられており、裏から眺められる
36 仙ヶ滝 群馬県松井田町 お仙という娘が身を投げたという、言い伝えのある滝
 37 麻苧の滝 群馬県安中市 あさおのたき読みます妙義山の麓にある、落差40メートルの滝
38 不動滝 長野県高森町 瑠璃寺と深い信仰の結びつきがある滝
39 不動滝 長野県長門町 不動明王や、滝の岩肌に梵字カーンの字がある
40 阿字の七滝 愛知県新城市 阿寺川にある滝で雨乞い信仰と、子宝に恵まれる言い伝えがあり、子抱地蔵がある。
41 養老の滝 岐阜県養老町 「老を養う若返りの水」と元正天皇がなずけられ、年号(養老)と改められた。大垣ICから近く、立入禁止ではあるが、朝.夜は入滝できる。
42 青谷不動滝 静岡県浜松市 「ほろほろと山吹散るか滝の音」と、芭蕉の句碑がある16m落差の信仰滝
43 洒水の滝 神奈川県山上町 滝の入口に真言宗のお寺があり、文覚上人が荒行された修行の滝。
(愚僧も霊感を受け、これまでで最も感銘を享けた滝)
44 夕日の滝 神奈川県南足柄市 足柄山の金時さんが産湯として使用された、箱根修験道の行場メッカ
45 白糸の滝 ・雄滝
(2滝は隣接)
山梨県早川町 七面山から春木川にかかる滝。日蓮宗の信仰と結びついている。
(雄滝は天才天が祀られている)
46 五宝の滝 山梨県八百津町 宮本武蔵が修行したと伝えられる五つの滝の内の一つ
47 阿弥陀が滝(長滝) 岐阜県郡上市 白山の開祖泰澄法師に発見されて以来、修行の滝・信仰の滝として崇められている
48 銚子の滝 岐阜県高山市 滝が銚子の形をしている事からその名が付けられた。修行の滝として最適かも知れません。
49 黒沢の滝 長野県三郷村 昔は修験の道場として栄えた跡があります。又、この滝は坐って打たれるのに適しています
50 新滝 長野県王滝村 2っをあわせて、王滝と呼んでいます。
修行の滝としては、滝の状況・歴史・雰囲気・アプローチ全て文句なし。
清滝
51 琵琶の滝 東京都八王子市 修験者の修行の滝として人気があり、多数の人が訪れている。(入滝料:千円)
52 浅間大滝 群馬県吾妻郡 滝は大変素晴らしいが、入滝環境が悪い。もったいない気がする
53 乙原の滝(おとばる) 大分県別府市 別府温泉に隣接し、苔むした素晴らしい滝。(行者・鬼退治等、伝統・伝説あり)
54  今滝 鳥取県湯梨浜町  醍醐派の僧も入滝された苔むした信仰の滝。ハワイ温泉・東郷温泉に近い 
不動滝
55 玉簾の滝 山形県長井市 御嶽神社があり信仰豊かな環境は、満足出来る充実した入滝が出来た。
56 三階滝 村人に守られた信仰の滝。大切に守られている事がひしひしと伝わってくる滝でした
57
58 雲井の滝 青森県十和田市 奥入瀬渓流の道路傍にあり、滝修行には向いているのだが信仰の滝には少し趣が無い
59 浪坂不動滝 岩手県大槌町
60 不動の滝 岩手県安代町 桜松神社の奥にある滝で、ここは初心者向きではない。滝壺は深さ3m!溺れる可能性あり
61 不動滝 秋田県東成瀬村 滝の上には不動尊が祭られており、信仰の滝として整備された入滝しやすい滝でした
62 白瀑(しらたき) 秋田県八森町
63 行者滝 宮城県栗駒市
64 秋保大滝 宮城県仙台市
65 那智の滝 和歌山県勝浦町 西国33ヵ所巡礼中に入滝。(詳しくは書けませんが・・・最高の滝でした)
66 常清滝 広島県作木町 落差126m、広島県内では最高落差を誇る名瀑。近くには権現神社もある3段の滝。
67 鹿目の滝 熊本県人吉市 熊本らしく男性的な滝。(北中康文氏の「日本の滝A」の表紙を飾っている滝)
68 おせりの滝 宮崎県美郷町 観光用として開発されているが、十分修行可能な滝であった。
69
70 以下は、入滝後お知らせします。
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88

上に戻る









           修行パンフレットを 印刷する(PDF)  
   


           上に戻る    TOPに戻る